新台速報!!本家を超えるか!?牙狼のスピンオフ!

こんにちは、Dr.Rです。

コロナとマスク、そして謎のトイレットペーパー事件が世間を騒がしております今日この頃。数年後には、社会の教科書で取り上げられるのでしょうか?もう目にする機会が無いだけに気になります。

さて、今回ご紹介するのは

「P10カウントチャージ絶狼MC」

直近を除けば大人気コンテンツ「牙狼」の、スピンオフ的な立ち位置になる本機種。MAX機の晩年にも一度ホールに現れ、強烈なスペックで一部の方には人気がありました。今回もある意味強烈です。

イメージし易いよう、他機種と比較しながらスペックを紹介していきたいと思います。 まず、タイトルから匂ってくるように、同メーカーのゴッドイーターの流れを汲んでいる事もあるので、そちらの機種との比較から。

P絶狼PGOD EATER
(319ver.)
大当り確率1/319.681/319.68
右打ち中確率1/1.921/1.43
ラッシュ突入率54.5%50%
ラッシュ継続率77%91%
ラッシュ中大当りの
ラウンド振り分け
10ラウンドのみ4R:7R:10R
→70:15:15
最大ラウンド出玉
(払い出し個数)
1500個1000個

1回転のアツさとスピード感をとことんまで追求したラッシュ「10カウントバトル」を採用。ゴッドイーターの時は時短1回+保留1個でしたが、手元の資料によりますと今回は時短2回となっています。電チュー保留が存在しない仕様なのだと思いますが、2回転で仕留めるというゲーム性は一緒。違いはほぼ無いです。

ここで説明しておくべきはラッシュ突入について。ゴッドイーターは初回大当りの時点で50%を取っているか否かでしたが、今作は初回大当りの95%で1回転の時短「クライマックスバトル」へ移行し、その1回転で約1/2の確率を引ければラッシュ突入という流れになります。初回の5%でラッシュ直行ルートも存在し、時短1回転のバトルを制する期待度は約52%、全て加味した突入率が約54%という数字になるようです。大当りさえすればラッシュへの道が切り開ける、これは偉い。

注目したいのはやはり、右打ち中オールフルラウンドという点。払い出しが1500個で継続率も77%ありますので、及第点だと思います。ちょっとした牙狼です。 牙狼の名前が出ましたので、恐れ多くも初代牙狼と比較してみたいと思います。

P絶狼初代牙狼
継続率77%82%
払い出し個数1500個1890個
大当り1セットの所要時間
(ラウンド消化+次回大当りまで)
約148秒約222秒

…さすがに相手になりませんが、強いて言えばスピードだけはありますよ、と。まぁそのスピードも、10ラウンドと15ラウンドの違いがあるので、実質勝っているかどうかアヤシイところではありますが。ただ、冷静に考えるとそもそも大当り確率が全然違うので、おそらくこのスペックは優秀な部類に入ると思います。

アタッカーに関しても優秀且つスピード重視。ラウンド間は0.5秒と瞬きする間に解放されるので、打ちっ放しでもほぼ無駄玉ナシ!さらにゴッドイーターでもあった捕食チャッカーを搭載しているので、右打ち中はストレスフリーで遊技できるのがウリです。

STのイメージが強かった牙狼シリーズ。スピンオフだから一種二種混合機で大幅にイメチェンして登場!と思ったけども、よく考えたら初代が一種二種混合機じゃねぇか!という感じの絶狼。時代の流れに逆らえず、否、逆らわず波に乗った絶狼。冴島さんがあまりに鈍臭くなってしまった為、見るに見かねて、俺は速さを求める!と心に決めた零。そんな裏設定は無いと思いますが、もしかしたら本家を超えるかもしれない

「P10カウントチャージ絶狼MC」

その速さ、是非ホールにて体感されたし! 導入をお待ち下さいねー(^^)