新台速報!!「P一騎当千SS斬 孫策ver.」

紅葉を見に行きたい、そんな風情のある楽しみとは少しかけ離れたDr.Rがお送りする新台情報。

今回の機種は

「P一騎当千SS斬 孫策ver.」

三國時代の英雄達、その宿命を受け継いだ現代の高校生達が激闘を繰り広げるストーリー。パチンコに登場したのも10年前であり、コンテンツの人気を物語っている結果だと思います。取り扱うメーカーは「高尾」という点も、一部のマニアには堪らないポイントだと私は認識しております。

今作もバトル物の雰囲気を壊さないスペックとして作られている様子ですので、その姿、ご覧下さい!

大当り確率

通常時 1/319.6

右打中 1/46.0

ざっくり言うと、「新基準での範囲内で思いっきり頑張ってみた」確変突入率100%のST機です。そのシステムを解説していきます。

まず、自分で言った事を否定してしまう形になりますがこちら、一種二種混合機です。これだけでピン!と来る方もいらっしゃると思います。少し前に出た鬼武者に似通った流れです。当りの確率を重たくし、その分時短回数を増やす事で、期待感の高い楽しい区間を長く体験できる、ロングSTのような作り方になっています。ST機と違うポイントとして、時短抜け後の残保留も時短中と同じ確率の抽選を受けられる事が挙げられます。なので、時短終了間際は最後までしっかり打ち切り、保留を4個貯めるのを忘れないよう気をつけましょう。

初回大当り後は1%で10ラウンド大当り+時短100回、4%で10ラウンド+時短51回、残り95%は4ラウンド+時短31回といった割合で右打ち区間に移行します。初当り後のメインとなる31回転+保留4個で大当りを仕留める期待度は約54%と5割越えなのでまずまず。ちなみに右打中は通常時の確率1/319.6と、電チューでの小当り確率1/53.8の合算値で約1/46という数値になります。

そして、初回大当り後の約50%を越えたところから本機の見せ場が始まります。右打ち中のラウンド振り分けはオール10ラウンド、約1270個の獲得!まとまった出玉に期待できます。

右打ち中大当り後の時短回数にも振り分けが存在し、51回or100回が半々で選択されるとの事ですが、仮に少ない方の51回の場合でも、保留4個までしっかり打ち切った時の期待度は約70%!100回の場合であれば衝撃の90%に達します!トータルでも約80%という継続率を誇る為、その性能はまさに高継続ST機と言っても過言では無いでしょう。

演出面も様々なパワーアップがあるようですが、個人的にはキャラの表現がしっかりした部分が一番大きいと思います。というのも、前作は3DCGでそれなりによく動くキャラクターで演出が作られていましたが、悪くはないがイマイチしっくりこないという感じでした。今作では2DCGを採用。単語だけだと退化しているようにも聞こえますがそんな事は微塵も無く、そもそもアニメコンテンツな事も踏まえると2Dを軸にしたCGの方が好きな方にはハマるハズ。間違い無い!

前作の同タイトルも人気でしたが、いかんせん18%の通常大当りがネックでビクビクしながら打ったものです。今作は半分が時短51回の振り分けとは言うものの、それでも70%の期待度且つMAX90%の継続率、抑えられた出玉とは言え右打ち中はオールフルラウンドという点が強みだと思います。

「P一騎当千SS斬 孫策ver.」

総勢12人の美少女による闘士決戦、乞うご期待‼︎