新台速報!!「P貞子vs伽椰子 頂上決戦」

こんにちは、Dr.Rです。

今回の新台はカワイイ女性が活躍する、しかもダブル主演で女子力強めの1台です。

過去にはそれぞれがソロで主役を張った事もありますが、今作では力を合わせて…というよりも女の闘いを繰り広げる模様。さて、その機種とは…コチラ!

「P貞子vs伽椰子 頂上決戦」

リングの貞子と呪怨の伽椰子が恐演!同名の作品を私は見た事が無いですが、貞子・伽椰子それぞれの呪いにかかってしまった女子大生と女子高生の2人を呪いから救う為に、貞子と伽椰子をうまい具合にぶつけて同時消滅を狙うという、聞いた限りではとんでもない内容のようです。説明から想像するに、おそらく特殊能力系のバトル物かもしれません。…さすがに違うか。

そのバトル系パチンコ、題材と同じくらい色んな意味で無茶苦茶です。分かりやすく説明していきたいと思います。

大当り確率

通常時 1/319

右打中 1/3.45

時代の流れに沿って、一種二種混合機での登場。

初当りは9ラウンド約1060個を獲得できる「頂上決戦ボーナス」に突入し、大当り終了後はいよいよ、ラッシュをかけた二人の闘いへ移行します。

そのチャンスゾーン、スタミナのある彼女達ですが短期決戦を選びました。時短1回転+保留1個のわずか2回転!そこで約1/3.5を狙うという…少し厳し目にも見える突破率、計算上は約50%という数値なのでやれなくはないハズ。

で!ここからが重要且つややこしいポイント。

チャンスゾーンの1回転目、つまり時短中は「頂上決戦」が発生し、ここで大当りをすると「Sadakaya Armageddon」(サダカヤアルマゲドン)を獲得!

なんのこっちゃ?となりますが、まずラウンド数が9or6or3のいずれかの大当りを獲得し、その後に何故か時短を100回貰えます。

100回中に約1/3.5なので難なく大当りすると思いますが、さらにここでも100回の時短が付いてきます。

つまりまとめると、「最初の時短中に当てる事が出来れば、初回を含む3回目の大当りまで実質的に継続確定」という事になります。3回権利物のような感じです。ただ、3回目の大当りを消化した後は時短が発生せず、直前の時短中に貯めていた保留(最大4個)のみで大当りを狙う引き戻しゾーンになります。保留4個で約1/3.5を当てる期待度は約75%!引き戻した場合は時短1回転+保留4個となり、初回大当り後より優遇された状態になります。ここでまた時短中に当てると、3回権利状態になって…のループです。

頂上決戦を失敗した場合は貞子か伽椰子、どちら側を推しメンに選ぶかで「貞子ナイトメア」か「伽椰子ジェノサイド」の演出に別れます。ここは時短を抜けた後の保留消化区間になるわけですが、ここで大当りを射止めた場合は、直前に書かせて頂いた時短1回転+保留4個の状態へ移行します。ちなみにこの計5回転での期待度は約82.3%。高継続機です。もちろん1回転目、つまり時短中に当てればSadakaya Armageddon突入です。

右打ち中のラウンド振り分けのお話をすると、3・6・9ラウンドがそれぞれ15・25・60%であり、まずまずのバランスかなぁという印象です。単純な継続率で約82%あるうえに、3回権利状態も兼ね揃えている事を考えると頑張った方ではないでしょうか?

長々と説明しましたが、大当りしたのが時短中であったか、時短抜け後の保留であったかで、その後のラッシュの展開が左右される、一風変わったシステム。ちょっと前に導入された「逆◯のシャア」の裏バージョン+αといったところでしょう。

二人の美女(?)が熾烈な闘いを繰り広げる

「P貞子vs伽椰子 頂上決戦」

進化した呪いの連鎖は、ホールで大当りの連鎖を生み出すか⁉

この機会に過去のソロ作品やvs編を予習し、導入を待つのもアリかもしれません(^_−)−☆