新台速報!!「P新世紀エヴァンゲリオン〜シト、新生〜」

こんにちは、Dr.Rです。

すっかり寒い季節になりましたが皆様、体調には気を付けて下さいね!年末に向けて何かと忙しくなってくる時期、風邪等で予定を狂わせたくないものです。

「P新世紀エヴァンゲリオン〜シト、新生〜」

さて、今回ご紹介させて頂くのは

某サイトでエヴァと入力すると、パチンコ・スロット合わせ膨大な数の機種がヒットする人気コンテンツなので、説明不要かと思います。初代にあたる機種は15年前の登場と、思った以上に歴史を刻んで来ています。前作はライトミドルでしたが、あ!甘デジも最近出ましたが、今作はミドルタイプ。という事で以下機種紹介!

大当り確率

通常時 1/319.7

確変中 1/45.7

確変割合65%のいわゆるオーソドックスな確変機…ではありますが、その味付けはマイルド且つアグレッシブ。

内容としては、初回の大当りは確変・通常どちらであっても10ラウンド約1200個の獲得が可能で、その割合は確変50%、通常35%であります。残り15%はというと、エヴァではおなじみの「暴走モード」に突入。今作の暴走は確変状態+小当りラッシュという仕様なので、出玉を増やしながら次回大当りを目指せます。小当り確率1/1.17、手元の資料では小当りのアタッカーが10個賞球のようなのでそこそこの獲得に期待が持てます。万が一通常大当りを引いてしまっても約1200個の獲得は保証されていますし、尚且つ時短は100回貰える為、遊び易いスペックという印象を受けます。時短コミコミで計算上の継続率は75%という点からも、優秀な性能の匂いを感じるのは私だけでしょうか?暴走モードから確変大当り、からの運悪く通常という流れでも2500個くらいは手元に残りそうです。

演出面では原点回帰という事で、過去のエヴァ、特に「使徒、再び」にあった演出と法則性を取り入れ、最新技術で仕上げたそうです。

通常時はアニメ版を基本にした「補完計画モード」とミニキャラが活躍する、演出多目な「新世紀モード」を選択可能。

また、シリーズではおなじみ「キャラ連続予告」や「レイ背景」「次回予告」はもちろん健在!ビスティと言えばの「ハニカム柄」ではなく、「水玉柄」を強予告として持って来ている辺りにも拘りが見られます。

リーチラインの「上段4図柄・下段2図柄」のテンパイ形の法則もしっかり踏襲されてるようで、昔から打って来た方には、新しさ以上に懐かしさも感じさせてくれる、そんな一台。

さらに、おそらくエヴァ初となるRTC(リアルタイムクロック)機能を搭載。実際の時間の経過に連動して演出が発生したりするアレです。今作では時間毎なのか、曜日毎なのか定かではありませんが、7種類用意された全回転演出に関係してくるそうです。「全部見ようと思ったらどんだけ打ち込まなあかんの?」という疑問は持たず、単純に演出として楽しみたいところ。

最後に、筐体も新しくエヴァ専用として開発された、その名も「インパクトストーム」を採用!圧倒的臨場感をプレイヤーに提供します。初号機役物、コア役物はもちろんパワーアップして装備されているうえに、どこかのメーカーの十八番(?)の風が吹くギミックも備え付けられてしまっているようです。

実質オールフルラウンドと厳選された演出、小当りラッシュの小粋なスパイスも加え、まさにバランスのとれた

「P新世紀エヴァンゲリオン〜シト、新生〜」

導入をお楽しみに^_^